投稿し忘れた去年の記事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、会いたくない人に会わなきゃならん状況になって街に出た。

用事を終えて歩いていると堅気じゃない風のオッサン夫婦(又はカップル)に声を掛けられた(厳密には声をかけられた感じじゃないけど、ざっくり言うと…)。
大昔やっていたバンドによく来てくれていたオッサンらしい。
話を聞くとオレより一回り以上年下やった。ちゅうか、「一回り以上年下」って日本語的には合ってんのか…知らんけど。
まあ、時の流れを感じたね。

で、お決まりの「バンドやって下さいよ」的な話。まあ、相手ももう音楽は聴いてないみたいな話やったし、リップサービス的な感じやったとは思うけどな。
たまに、遊びで連れとライブしてるとか言うとったかもしれん。

ハードコアのバンドでギターかベースをやっとったらしい彼から、良かったら手伝いますよ的なことを言われてんけど、丁重にお断りした。
だったらその遊びバンドで遊びを真剣にやってくらはい。
ワイは「掛け持ち」が大嫌いなんで…みたいなことを言った気がする。おそらく…多分…きっと。

遊びでやるバンド、同窓会的なノリのバンド、身内だけのパーティーみたいなライブ。
それもいいじゃん。
それが「楽しい」ならええやんけ。ワイとは「楽しい」感覚が根本的に違うだけやさかい。

でもワイがやりたい、やりたかったバンドはそんなんちゃうねん。
それが出来んならバンドなんてやりたいとは1ミクロンも思わん。

ほとんど伝わらんと思うけど、やりたいのは、同じ方向を見た「あの頃」のバンドね。感覚的に。
これは死ぬまで一緒。

バチバチのギュンギュンのバンド以外は興味ナッシング。気遣いサンクス、その彼もハッピーにな!
ちゅうか、羽振り良さそうやったんでお金頂戴!
各々のばんど楽しんで下さい。See you!

「この窓から、なんにも見えねえな」

ヤクザ映画とか嫌いな人もこれだけは観て下さい。金子正次が文字どおり命を懸けた作品なんで。
これをパクったヤクザ気取りのフォーク歌手の似たようなタイトルの映画やドラマは見んでええさかい。

ちゅうこって、おしまい。

posted by仁義(ZINGI)