あけおめことよろ。

大晦日はフロイド・メイウェザーと那須川天心を目当てにRIZINを観とった。
井岡の試合はパス。ちゅうか、巨乳に負けてボクシング辞めたんちゃうかったっけ。

RIZINは筋トレとかしながら、19時ぐらいから観とったかな。

野沢直子の娘はタコ殴りされて負けとったな。
仮面女子ちゅうアイドルの子が出とったけど、案の定ボコられて敗退。
大人の事情があれ試合に出ることは凄い。怖いし、痛いやん。アイドル研究家のワイも仮面女子ちゅうのは、ノーマークやったけどファンになった。
あとは、もう去年になるけど、亡くなった山本キッドの姉ちゃんの山本美憂とその息子もキッドの追悼試合に出とった。

堀口っていう空手出身のファイターがRIZINの初代チャンピオンの座をかけて試合しとってんけど、そこら辺からゲスト解説に入ったタレント?歌手?まあ、芸能人のガクト君がオモロかったね。

「堀口のフックのように見えるパンチは軌道が読みにくく防ぎにくい」
「(堀口の)腰が低いから(この攻撃をされても)もっている」、「(今の)うまいなぁ」…などなど。
てか、お前アスリートでも格闘家でもないやんけ。何よりもスポーツの解説はテンポを上げ声をはれ!

そして、筋トレで左肩を痛めた23時過ぎにようやくメイウェザーの登場となる。

このメイウェザー、世界中のアスリートの中で今もって一番稼いでいる男なんである。なんしかボクシング界のスーパースターでありレジェンド。知らん人には伝わりづらいが、あんたの頭の中にあるスゴイ人の増し増しで!よりごっつい感じ。盆と正月が一緒に来てクリスマスとハロウィンも一緒に来た感じ。

最初に言うとくで。格闘技ファンには賛否両論あるけど、オレは那須川天心のファンでもある。才能を感じるし、スター性もある。でもね、大人の事情はあるやろけど、キックボクサーが「ボクシング」の試合、それも4階級?ほど違う上に超が付く「ホンマモン」とやって勝てるわけないやん。

キックの選手がボクサーにそれも「ホンマモン」に何発かパンチが当たってたし天心の勝ちとも言えなくもない。まあ、試合後のメイウェザーも言うてたみたいにエンターテインメントのエキシビションマッチなんでね。天心はもっと強くなるね。アスリートでも格闘家でもない社会の底辺かつ一般ピーポーの意見でね。

ちゅうか、フロイド・メイウェザーと那須川天心戦の元々は「異種格闘技戦」やったんちゃうのん。それがいつの間にか「ボクシング」のエキシビションマッチになっとった。
一部報道によると蹴ったら(一回の蹴りにつき)5億円の罰金らしい。何でもモハメッド・アリとアントニオ猪木の「異種格闘技戦」で猪木のアリキックでアリの脚がえらいことになったんを危惧して、急遽「ボクシング」になったらしい。知らんけど。

試合後、RIZINのフロントマンである高田延彦が「(こんな体重差、ボクシングルールで)ホントはやらせちゃいけない試合…云々」と語っとったけど、
正にオマ言う!お前が言うな!と、ツッコみつつ風呂に入り新年を迎えた。

仮面女子

プロデューサーはスリップノットとかをコンセプトにアイドル要素をまぜてやったんかな。試合しとった子はわからん。

那須川天心の入場曲で久々に聴いたね。

PVがないみたいやな。削除されにくそうなライブ映像。ワイもクレーンみたいなんやりたかったね。

ちゅこって、今年もよろしく!

posted by仁義(ZINGI)